沿革


年月日 主な出来事
1965(S40) 川崎北RCを親クラブとして、川崎西RC誕生(高津ホテルで創立総会)創立会員33名 鈴木克也初代会長となる。
1966(S41) 認証状伝達式を洗足学園短期大学で挙行。
1972(S47) 14名の会員移籍により、子クラブ川崎多摩RCが誕生(田澤龍𠮷特別代表)
1977(S52) ルセーナRCと姉妹クラブ締結承認。
1978(S53) 26名の会員移籍により、子クラブ川崎鷺沼RCが誕生(田澤龍𠮷特別代表)
1985(S60) 12名の会員移籍により、子クラブ川崎高津RCが誕生(鈴木清次特別代表)
1986(S61) 円筒分水開放とA・B・K運動に「意義ある業績賞」を受賞。
1988(S63) 高津図書館前にブロンズ像「学くん」の除幕式挙行。
1993(H5) 高津区役所新庁舎陶壁画贈呈式挙行。
RI会長賞受賞。
1997(H9) 創立30周年記念植樹式挙行(高津スポーツセンター)
2000(H12) 「子ども1日職業体験クラブ」で「意義ある業績賞」を受賞。
川崎市特別養護老人ホーム「陽だまりの園」へ「女の子」のブロンズ像を寄贈除幕式。
2005(H17) ホテル・ケイエスピーにて創立40周年記念式典祝賀会、家族会挙行。
創立40周年記念として濱田庄司誕生の地に石碑「巧匠跡を留めず」建立除幕式。
2007(H19) 「川崎市高津区町内会・自治会へ防犯パトロール用ベストと腕章の贈呈」により「意義ある業績賞」を受賞。
2011(H23) 社会奉仕プロジェクト「西高津保育園児とのさつまいも栽培と収穫」で「ガバナー賞」を受賞。
2013(H25) いわき平東RCと友好クラブ締結。
2017(H29) 「第12回高津区子ども・子育てフェスタ」における「さかなクン講演会」で「ガバナー賞」を受賞。
2019(R元) クラブ事務所をKSPに移転。
2020(R2) コロナウィルスの猛威で世界的に混乱、3月から5月まで例会を取り消し。
高津区奉仕5団体で高津区役所へコロナウィルス対策への物品を寄贈。
2021(R3) フィリピンの台風災害に伴い姉妹クラブのルセーナRCへ義援金として10万円を送金。子ども食堂「フリースペースえん」へ10万円の支援金を送金。
2022(R4) 3年目のコロナ禍2月24日ロシアによるウクライナ侵攻により経済及び食糧危機が深刻な状況になった。当地区からウクライナに対する人道支援として2,712,000円(内 当クラブ310,000円)をロータリー日本財団を通じて送金する。


パストガバナー
斉藤 二郎氏 2006年度
高良 明氏 2016年度